2016仙台・中国映画週間 上映作品

『真愛』 原題:真愛

(2014年)
監督:西爾扎提・牙合甫(シアザティ・ヤホフ)、張欣 (チャン・シン)
脚本:尹倹(イン・ジェン)、高黄剛(ガオ・ホァンガン)
主演:孔都孜扎依・塔西(クンドズザイ・タシ)、拜合提爾・艾則孜(バイホティア・アイゼズ)、索星宇(スオ・シンユィ)
ジャンル:ヒューマンストーリー
上映時間:105分

19人の子供を育てたウィグル族の女性 民族を超えた愛の物語
あらすじ:山に囲まれた新疆ウィグル自治区のアルタイ地区青河県。頭が疱瘡だらけでボロボロの服を着た少女、王彩霞は失踪した兄をたった一人で探していたところをウィグル族の女性、阿尼パに助けられた。彼女の疱瘡を治すため阿尼パは家のお金を治療に充て、貧しい暮らしは更に重い負担を抱えることになってしまう。このことで夫・阿比包と揉めるが、彼女の献身的な看病で王彩霞の頭にはようやく髪が生え、さらに探していた兄も見つかる。そして阿尼?は身寄りのないこの2人を引き取ることを決意する。増え続ける家族の生活を支えるため夫婦は冬の氷結した川の中でも羊を洗う作業を続けていた。そんな中、夫が生活の糧である高炉を失い家族は更なる苦境に陥ってしまう。また、突然起きた雪崩により更に2人の孤児を引き取ることになり子供の数は19人に。阿尼パと阿比包、そして子供たちは一つ屋根の下、貧しいながらも希望を失わず一生懸命に生きていく・・・。

監督紹介:シアザティ・ヤホフ(西爾扎提・牙合甫)
映画監督。ウィグル族。初監督作品の『買買提的2008』は第9回中国長春映画祭・農村テーマ部門で金鹿賞、第13回中国電影華表賞で優秀こども映画賞、第27回中国金鶏百花映画祭で最優秀こども映画賞にノミネートされるなど多くの賞を受賞。テレビドラマ『可愛的阿浬木江』は2005年カザフスタン国際映画祭で賞を受賞し好評を得る。映画『鮮花』がオーストラリアのシドニーで開催された中国映画祭にて大賞を、韓国光州映画祭にて芸術映画賞を受賞する。映画『烏魯木斉的天空』が2013年第4回天山文芸賞作品賞を受賞。中国と北朝鮮初の合作映画『ピョンヤンの約束』(原題:平壌之約)が第12回韓国光州映画祭及びピョンヤン国際映画祭でともに優秀作品賞を受賞した。

>>上映作品の一覧ページへ


2016仙台・中国映画週間 (主な内容)
■ 期  間:2016年9月20日(火)~9月22日(木)
■ 主  催:NPO法人日中映画祭実行委員会/仙台中国映画協議会
■ 共  催:宮城華僑華人連合会/仙台地区中国学友会/宮城華僑華人同舟会/宮城県日中友好協会/仙台市日中友好協会
■ 後  援:中華人民共和国駐新潟総領事館/宮城県/仙台市/富谷町/長春市人民対外友好協会/紹興市人民対外友好協会など
■ 特別協力:仙台育英学園高等学校/カワムラ石ヤ/中国春風吹来国際食品城


詳細は、開催概要をご確認下さい

Copyright (C) 2016 Sendai Chinese Film Council Rights Reserved.
仙台中国映画協議会 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2丁目6-32(「開運奇石」内)